土地査定は会社によって金額に差がある?

ytyd土地を売却するには、まず、その土地にどれくらいの値段がつけられるのかを調べなくてはなりません。その際に土地査定を行うのですが、査定価格は会社によって違います。どうして金額に差がでるのでしょう。

数百万円の差がでることもある

土地査定は、不動産会社などの仲介業者が、土地の価格を簡易評価します。その価格は、だいたい3ヶ月程度で売れる見込みのある金額です。
不動産鑑定士などによる正式な鑑定評価とは異なり、査定をする会社や人によって判断基準なども異なってくるため、金額に差が出てきます。
複数の会社で査定を行ってもらうと、最も低い価格と最も高い価格とでは、数百万円の差がでることも稀ではありません。そのため、土地査定をする際には、1社ではなく、複数の会社で行うことが推奨されています。

持っている情報が違うため

土地が売れそうな価格を決めるのに、材料とする基準が会社によって少々違ってくることがあります。
基本的に地価は、その立地や形状、面積、高低差といった土地の性質や、交通の利便性、人や物の流通量、建築法規などの地域性によって決まります。そして、その土地の需要の有無も地価を決める上での大きな判断材料になります。
人気がある土地は高い値段でも売ることができます。人気がない土地では、買い手がなかなかでてこないため、値段を下げるしかありません。効率よく売買を進めるために、不動産会社は、どの地域で、どのくらいの需要があるかをある程度把握している必要があります。
需要の把握状況や、基本的な地価のつけかたの基準が多少異なるため、会社ごとに査定価格は変わってきます。

査定価格をつける判断ポイントが違うため

3ヵ月程度で売れる見込みがある金額といっても、会社がもっている情報によっては金額に大きな開きがでてきます。その土地の需要が高いと判断されれば、高い値段がつきますし、逆にそれほど需要がないと判断されれば価格は控えめになります。
「これくらいの値段なら売れるだろう」と、現実的な価格をつける会社もあれば、「これくらいの値段でも買い手が見つかるかもしれない」と、高めの値段を設定する会社もあります。
いずれにしても、査定価格が実際に売るときの値段になるとは限りません。あくまで、売れそうな値段を会社が独自につけているものです。価格査定マニュアルなどもあるため、ある程度は同じような金額になります。
ですが、稀に1社だけがかなり高い値段をつけてきたり、逆にかなり低い値段をつけてきたりすることがあります。1社だけ、金額に大きな違いがでている場合には、その会社に話を聞いてみることをおすすめします。他の不動産会社が知らないような情報を握っている可能性があります。

どこに依頼するかは、査定の金額で決めるべきではない

thrsts
できるだけ高い値段で売りたいからといって、査定価格の高い会社と契約をすればいいわけではありません。査定価格は、会社が判断しているものなので、実際にその金額で売れるとは限りません。
実際に売れる金額は、査定価格を下回ることがほとんどです。買い手から値引き交渉はつきものですし、買い手が見つからなければ値段を下げるしかありません。早く買い手を見つけたいのであれば、なおさら、早い段階から値段を下げていく必要があります。
高い金額を提示してくれるところに意識がいきがちですが、できるだけ現実的な考え方をしている会社に依頼した方が無難かもしれません。
土地売買・売却の際には不動産にご相談ください!土地売却査定君(http://www.bellecora.com/)なら気軽に査定ができます。

更新情報